乾燥肌,原因

乾燥肌の原因は至る所にある

乾燥肌の原因はいくつかありますが、代表的な原因として、肌トラブルによる事が大いに関係があります。人間は歳をとると老化現象が避けられません。肌の老化として肌への潤いが弱まり、水分バランスが上手く取れなくなることで肌トラブルが多くなり、乾燥肌を促します。また、日々さらされる紫外線を浴びる事で、日焼けなどの皮膚の表面に影響がある事は知られていますが皮膚の再生サイクルを崩してしまう働きもあり、肌のターンオーバーも正常に働かなくなります。その他にも必要な油分まで洗顔であら流してしまったりと誤ったスキンケアを繰り返す事で肌へのダメージを強くし、肌トラブルを招きます。冬場の湿度の低さや喫煙や食事のバランスなどの生活習慣も新陳代謝の低下に繋がり、肌へダイレクトに影響が出るので乾燥肌へと導く事になります。日常生活の至る所に乾燥肌の原因は存在しているので、乾燥肌の原因を知り、しっかりと理解することが改善の近道になるでしょう。

乾燥肌の原因と正しいスキンケア

乾燥肌という言葉は比較的よく耳にするものの、正確な定義を知らない人がほとんどであります。乾燥肌の原因には、角質層の水分量が30%以下になっていて、「皮脂」や「セラミド」などによる保湿システムがうまく機能していない状態のことを言います。このような状態が継続している事自体が乾燥肌の原因であり、対策すべきは正しいスキンケアによって行う必要があるのです。乾燥肌の状態は主に水分不足と保水力の低下にあります。お肌の潤いのほとんどが保水力によって成り立っていることから、お肌に含まれる水分の量を高めることによって乾燥を防ぐことができます。お肌が乾ききってしまっているので、まずはタップリと化粧水を与えてあげましょう。できれば保湿力の高いしっとりとした化粧水がオススメです。保水力を高めるためにタップリと化粧水を保水した後に、パックなどで保湿力を高めるためのスキンケアを行うことが正しい乾燥肌のスキンケアとなります。

乾燥肌の原因になってしまう食事

乾燥肌になってしまう食事の原因は、肌の保湿を保つために必要なコラーゲンの生成に必要な栄養素の不足にあります。コラーゲンはたんぱく質から作られます。そのためたんぱく質の摂取量が不足していると、充分なコラーゲンを作り出すことができなために、肌がカサカサになってしまうのです。このため乾燥肌になりやすい人の原因は、この食事からのたんぱく質の摂取量が少ない場合が多いのです。なのでたんぱく質を多く摂取するように習慣づけましょう。たんぱく質が多く含まれている食べ物は、肉や魚、そして乳製品や大豆製品です。肉や魚にはたくさんのたんぱく質が多く含まれています。そのためたんぱく質の量だけで見るのならば、乳製品や大豆製品よりも、肉や魚の方が多く含まれています。特に豚肉には、たんぱく質のほかに、たんぱく質を代謝するために必要なビタミンB群が多く含まれているのでおすすめです。大豆製品の摂取も乾燥肌にとっておすすめです。たんぱく質の他にイソフラボンが含まれているので、これがコラーゲンの生成量を増やしてくれるのです。

生活習慣の乱れは乾燥肌の大きな原因の一つ

乾燥肌を引き起こす大きな原因の一つに「生活習慣の乱れ」があります。生活習慣の中でも特に気をつけなければならないのは、睡眠です。睡眠中は、成長ホルモンの分泌が最も活発になります。成長ホルモンは、文字通り身体の成長を促すだけでなく、身体の疲労を取り除き、身体の表面や内部の傷んでいる部分を修復・再生させる重要な働きを持っています。睡眠不足になると、この成長ホルモンの分泌量が少なくなるため、肌の新陳代謝の進行も遅れていき、乾燥肌になりやすくなります。成長ホルモンは年齢が高くなるにしたがって分泌量が減少していくため、少しの睡眠不足でも乾燥肌を引き起こしやすくなります。また、乾燥肌になるのは空気の乾燥も原因の一つですが、肌が健康な状態であれば多少乾燥していても肌自体はあまり乾燥することはありません。しかし、生活習慣の乱れが原因で肌の不健康な状態が続いていると、よりいっそう肌の乾燥が進行しやすくなります。乾燥肌を予防するためには、規則正しい生活を習慣づけることが重要です。もし仕事などが原因で生活習慣が乱れる傾向が出ているのであれば、なるべく早く規則正しい生活に戻していく必要があるでしょう。