活性酸素は、どのように作られるのか

人は、毎日の呼吸で、1日に500以上の酸素を体内に取り入れています。
その酸素によって、栄養素を燃焼させてエネルギーを作り出します。
この間の酸素の内、2%程が強い酸化作用を持つ成分に変わってしまいます。
それが、活性酸素です。

活性酸素は、悪い役目だけではありません。
強い酸化作用により、体内に入った悪いウイルスや細菌を退治してくれる、とても大事な役目を担っています。
よって、大変体内には大切な成分とも言えます。

しかし、必要以上に増えると、必要な成分まで酸化させてしまいます。
それが、老化です。
活性酸素は、老化の最大の敵と言えるでしょう。 ほうれい線クリームを使うことで、お肌がきれいになるので使ってみると良いでしょう。



呼吸以外でも増える、活性酸素

活性酸素が増えるのは、呼吸だけではありません。
代表的なのは、紫外線。
紫外線を浴びる事により、沢山の活性酸素を体内に増やしてしまいます。
その他、化学物質や大気汚染、農薬等、色々な環境や偏った生活習慣によって、活性酸素はいとも簡単に増えてしまいます。

生活をする上で、活性酸素を取り込まない生活は、不可能と言えます。
活性酸素に対抗できるように、色んなケアをしていく事が大事と言えるでしょう。

喫煙は禁物

タバコの煙には、活性酸素が含まれています。
含まれていること自体ダメな事ですが、喫煙する事で体内に入ったタバコの成分と対抗する為に、活性酸素を過剰に作り出してしまいます。
タバコは肌質を悪くさせると言われていますが、それは活性酸素が原因となっているようです。
美肌を保ちたいのであれば、喫煙はナンセンスと言えるでしょう。
また、煙を吸うだけでも活性酸素を増やしてしまいますので、周りに喫煙者がいる事も良くないと言えます。

アロマテラピーでストレス排除

ストレスを受けると、過剰のホルモンが分泌してしまいます。
それを分解しようと、沢山の活性酸素が体内に発生してしまいます。
ストレスを抱える事は、生活をしていく上で仕方のない事ですので、避けられません。
ストレスを発散する癖を付けて、活性酸素を体内に増やさないようにしましょう。

アロマテラピーは、気分をリラックスさせる効果があると言われています。
お香やアロマオイル等、アロマには色んな方法があります。
香りはバラの香りが、1番女性にとって良いと言われています。
時間に余裕を持って、ゆっくりリラックスし、アロマで癒されてストレス発散をしてみませんか。
意外と癒されて、気持ちが穏やかになります。